僕は過去の自分に縛られて、現在の自分を見失っていたんだ

僕は感動を大切にしたいんだ。

 

それがわかっていなかった。
感動の前にこういうやり方でやらなければならない、こうあるべきだと自分を縛り付けていたんだ。

 

美しい風景を見たい

 

僕の求める感動はそこにあったはずだ

だけど、趣味が自転車だから、自転車でいかなければいけない。
体調が多少悪くてもそれが僕である自己承認の手段だった。
だから僕は自転車で行くことにこだわってしまった。

僕は美しい風景による感動を求めていた。

それが一番の目的だったはずだ
それがいつの間にか今までの自分を壊してしまうのが怖くて自転車で行くという手段にこだわってしまった。
結局僕は目的にたどり着けなかった。
手段にとらわれ、目的を果たせなかった。
手段を変えることは自分を否定してしまうように感じた。

でもそれは違う

 

本当の僕は美しい風景に出会い、感動することだったんだ

 

僕は過去の自分に縛られて、現在の自分を見失っていたんだ

 

もう一度自分の気持ちを見つめてみよう

過去の自分に囚われることなく、素っ裸の自分も見つめてみよう

一貫性がなくてもいい

あいつはコロコロ変わっている

誤解されてもいい

自分の一番大切なことを見失わないことが一番大事なことなんだ