読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽろっぽの日記

-想いを言葉と写真で-

働き方は人それぞれであって型にはめる必要もない

こんばんは、ぽろっぽです。

前回のエントリ

孤独とうまく付き合うことが求めれる時代 - ぽろっぽの日記-不器用なハトが自由になる-

 

働き方の多様性により孤独になるという記事を書きましたが、今回は働き方に焦点を当てたいと思います。

 

ひと昔前まではモーレツ社員、企業戦士などの言葉があり、企業に忠誠を誓い、多くの日本人が生活の大半を仕事に費やしました。今はワークライフバランスという言葉が歌謳われ、仕事に大半の時間を費やすのが正しいわけではないといった風潮です。

 

働いたら負け

こんな言葉もあるぐらいですから、仕事に関する価値観は昔とだいぶ変わったのだと思います。今は限定正社員もありますから、人によって働き方は大きく異なってくる時代になるのでしょう。

 

僕自身も仕事に大半の時間を費やす人生はどうだろうと思い、転職に踏み切りました。ただ、個人で稼ぐ仕事ではなく、組織に属するので、今までと働き方はそこまで変わらないと思います。ノマド、ブロガー、個人事業主など組織に縛られない働き方もいいなと思いますが、そこまでやりたいとは今のところ思いません。

 

ネットをみると、ブロガーの方は、かなり煽るような書き方で、みんなもブロガーになった方がいいとか書いてますが、それはその人の価値観ですから、自分にも当てはまるとは限りません。自分が何を求めてるか、自分とよく対話しながら、自分の価値観で決めるのがいいと思います。だから自分がいいと思えばモーレツ社員であっても胸を張っていいわけです。あるいは、フリーターなど非正規でも本人がそれでよければいい思います。大事なことは自分の価値観を人に押し付けることなく、尊重はすることではないでしょうか。尊重することが難しいにしても、その人の存在自体は認めることはできるのではないかと思います。「あー、なんかこの人は自分とだいぶ価値観が違うけど、こんな価値観もあるんだ」そんな具合に

 

働き方は人それぞれであって型にはめる必要もない

自分の求めているスタイルに合わせて働き方をシフトすればいい。そう僕は思います。