読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽろっぽの日記

-想いを言葉と写真で-

自分を表現できないことでモヤモヤ

転職してから2か月ほど経った

 

職場には徐々に慣れてきた感じはある

 

それでもなぜか心の中でモヤモヤしたものがある

 

今ここでもう一度自分の気持ちについて整理してみようと思う

 

いや整理という言葉は適当ではないかもしれない

 

整理しようとするということはロジカル、論理を伴う

 

論理はたしかにわかりやすく、自分に他者にも理解させやすいツール

 

しかし、論理は矛盾を許さない

 

1+1はあくまで2である

 

1+1=3ということは有り得ない

 

論理の世界では一度定義したものは絶対である

 

だから1+1=2不動の事実だ

 

果たして自分の気持ちを正確に表現する手段として

論理というツールが有効なのだろうか

 

僕にはそれが甚だ疑問だ

 

人の気持ちは日々刻々と変わるものだ

 

仕事の内容が変わらないのに、好きな日もあれば嫌な日もある

 

酒がおいしいと思う時もあれば不味いと思う日もある

 

そこには定義というものが存在しない

 

正確にに言うなら条件付きの定義で

 

気分が良いなら、仕事が楽しいと思う日があり、

気分が悪いなら、仕事が嫌な日もある

 

だから、僕は変に論理だてて自分の心を説明したり、表現しようとは思わない

 

あくまでその時感じたことをそのまま表現するだけだ

 

下手にわかりやすく説明しようとすると、自分本来の気持ちからどんどん離れていき、

ますます自分の心がわからなくなる

 

心の矛盾をそのまま矛盾として表現することが、僕にとって一番良い方法だと思う

 

前置きがだいぶ長くなってしまった

 

僕は4月から新しい職場で働いている

 

広島から、念願の埼玉に移り住むことができ、職場の待遇面もかなり良くなった

 

好きな場所に住むことができ、好きな時間が増えた

 

金銭面に関しても決して余裕があるとは言えないが、ひっ迫しているわけでもない

 

一言で言えばかなり恵まれた環境であると思う

 

でもなぜかモヤモヤしているものがある

 

なぜか?

 

仕事に没頭していないからか?

 

でも僕は仕事には無理して没頭したいとは思わない

本当に好きならいいけど、興味のないものに無理して興味を持ち、

他人から評価され、自尊心を満たす行為はしたくない

 

たしかに没頭している時はそれなりに楽しい

それはわかる

僕自身もそういう時期があった

 

でも結局のところそれは自分に暗示をかけているだけであり、

本来の自分の姿ではない

 

本来の姿はもっと別のはずなのに、無理に仕事に没頭させることにより

自分自身を認めさせ、また他人からも評価され

自分の仮の居場所を確保する行為である

 

それは真の自分の姿から背け、社会から認められるために作った仮の自分である

 

没頭している間は麻酔にかかり、そのことに気づかない

仮の自分を演じていることに

 

でもふとした瞬間、我に返ることがある

 

いやふとした瞬間というのは適当ではないかもしれない

 

今まで没頭することで必死に避けてきた真の自分の姿から逃げきれなくなった時、

 

本当に自分はこのままでいいのか?

これが君の望んでる姿か?

 

そういう風に自分にささやきかける

 

今の僕はそういう状態なんだと思う

 

今の僕は仕事に無理に没頭しているわけではない

自分のペースで仕事をし、自然体でやっているつもりだ

 

でもそもそも僕は仕事そのものが駄目なのかもしれない

 

転職して再確認したが、仕事そのものが僕はダメなんだ

 

仕事は自分の労働力を提供し、その対価として給料をもらう

 

労働力の対価として給料をもらうには、

好む好まずざるにかかわらず、他者のペースに合わせ

他者のニーズに答えることだ

 

僕はそれがかなりのストレスになっているらしい

 

僕はもともとなんでも自分のペースでゆっくりやりたいタイプだ

 

それが様々な方面に気を遣い、自分のペースではなく、

相手のペースに合わせなければいけない

 

子供の考えかもしれない

 

それでもキツイものはキツイ

 

こうして文章にして自分の気持ちを正直に語らないと

本来の自分から離れていき、ますますキツクなる

 

そんなに仕事が嫌なら、仕事をしなければいいのかもしれない

 

でもそれも出来ない

 

そんな勇気もない

 

僕はこうして自分の言葉で自分のありのままの気持ちを

語ることが精いっぱいだ

 

・・・・・・・・・・・・・

 

こうして今の自分の気持ちを語ると少し気が楽になる

 

モヤモヤの原因が少しずつはっきりしてくる

 

仕事が嫌

 

これは少し違うかもしれない

 

僕には願望がある

 

夢と言っていいかもしれない

 

自分の何かしらの表現でお金を得て、生きたいということだ

 

偽りの自分、社会に生きるために造った自分を演じることなく、

 

ありのままの自分を表現でき、それでいて対価としてお金を得ることが出来る

自分を夢みている

 

今、こうして自分の気持ちを振り返るとものすごく仕事に対して

理想が高い自分がいる

 

でもそれを成し遂げたい

 

それが出来ていないからモヤモヤしているんだ

 

自分には何が出来るのだろう

 

さっき、僕は仕事は労働力の対価として、給料を貰うと言った

そこには他者のペース、他社のニーズに合わせると言った

 

今の仕事に於いて、もう少し自分なりの表現を加えてもいいのかもしれない

 

あるいは休日に自分なりの表現を色々試してみるのもいいかもしれない

 

表現

 

これがモヤモヤを解消する鍵な気がする