僕はこういう時間が好きだ

f:id:great1-1geist:20171202171149j:plain

 

嫌なこと、辛いことがあっても

 

こんな風景を見れれば忘れられる。

 

もう少し頑張ろうかなという気持ちになれる。

 

思わず見とれてため息がでる。

 

僕はこういう時間が好きだ。

クソみたいな夜を過ごした後で、今日は少しだけ何かが見えた気がする。

昨日は仕事が忙しくてクタクタになっていた。

 

ストレスが溜まると、不規則な生活をしたくなるみたいで昨日は珍しく深夜2時まで起きていた。

 

しかも寝るまで何してたかと言うと、ひたすらスマホでネットやツイッターなどを見てるだけ。

 

一言でいうとクソみたいな時間を過ごしていた

 

こういう夜を過ごすと絶対次の朝は絶望的なだるさと眠気と無気力な過ごし方をする。

 

だから僕はそうならないために、深夜2時から台所に溜まっていた洗い物をして、歯磨きして、シャワーを浴びた。

 

なんだかんだ3時になる。

 

もうすぐ朝だ。

 

2時から3時までやったこの1時間の作業が僕にとって心を浄化する作業になる感じがした。

 

例え睡眠時間を1時間減ってもやる価値がある感じがした。

 

目覚ましは7時半にセットした。

 

いつもより1時間ほど遅い時間にセットした。

 

あまり寝坊しても良くない。

 

1時間ぐらいの寝坊が丁度良い。

 

それも経験で学んだ。

 

そして布団に入って寝た。

 

朝を迎える。

 

7時半に一度起きる。

 

でも身体が眠りを求めてまた寝る。

 

今度は8時に起きた。

 

今度こそ起きる。

 

予定より遅く起きたけど、やっぱり朝に起きて正解だ。

 

寝起きの感じは悪くはない。

 

いつもの夜更かしのあとの絶望的な感じはない

 

でもやっぱりまだ気持ちが回復していない。

 

ストレスでイライラしている感じがある。

 

だから外にでて好きな本読んだり、本屋で雑誌を立ち読みする。

 

家に帰ったら窓を全部開けて空気を入れ替える。

 

そして少し散らかっている部屋は掃除する。

 

ご飯は外で食べず、家にあるもので、少しでも手を動かして自分で用意する。

 

珈琲をドリップする。

 

とにかく些細なことでいいから身体を動かす。

 

そうすると少し気持ちが落ち着く。

 

それでもまだ完全にスッキリしていないときはこうやってブログを書いて、自分のモヤモヤした気持ちを綴ってみる。

 

僕のブログのスタイルもだいぶ確立してきた。

 

決して人を楽しませる文章や、ためになる文章ではないかもしれない。

 

でも自分にとってこの場所は自分の気持ちを整理する場所になってる。

 

もうすぐ200記事に書いていけばいくほど、自分なりの文章の性格がハッキリしてくる。

 

スタイルが出来上がってくる。

 

ブログでどう表現したいかが見えてくる。

 

これは書き続けたからわかってきたことだ。

 

最初は書いても気持ちがスッキリしないこともたくさんあった。

 

他人の目線で書いていたからだ。

 

自然体で書いていなかったからだ。

 

そう、自然体で書けるようになってきたんだと思う。

 

自分の気持ちを素直に表現できるようになってきたんだと思う。

 

僕は僕なりのやり方でブログを続けていこうと思う。

 

クソみたいな夜を過ごした後で、今日は少しだけ何かが見えた気がする。

海を見に行きたい

f:id:great1-1geist:20170211055620j:plain

 

海を見に行きたい

 

ふとそう思った

 

朝焼け、夕焼けにの空と海

 

僕はそんな景色が好きだ

 

最近、山の方ばかり行ってるからだろう

 

海が恋しくなってきた

 

波の音

 

風の音

 

耳を澄ます

 

ただただ海を眺める

 

そして何気なくシャッターを切る

 

力まず、考え込まず、自然にシャッターに手を伸ばす

 

そんな時が過ごせればいい

 

そうだ、海に行く計画を立てよう

 

あくまでも僕にとって自然な姿で立つことが重要なんだ

f:id:great1-1geist:20171119071912j:plain

 

僕らは先のこと先のことを考えて行動する

 

そうするように幼い頃から教育されてきた

 

だからこそ僕らの生活は便利になった

 

電車が時間通りに走る

 

食べたい物は食べたい時に食べられる

 

先の事を考える

 

どうすれば自分にとって得なのか


でも先のことばかり考えすぎて、今目の前にあることが見えなくなったような気もする

 

小さい頃のようにただただ夢中になることが減ってしまったような気がする

 

もしかしたら自分だけの問題ではないかもしれない

 

閉塞感に包まれた社会状況の影響で、先の事を考えるから不安になる

 

今の自分に自信がなくなる

 

だから目の前にあることに集中できない

 

いつも不安が頭の中にちらついている

 

僕らは変化を求められている

 

目の前のことに安住することは許されない

 

目の前の楽しいことは全力で楽しむ

 

簡単なようで難しい

 

気持ちの切り替えが不器用な僕にとっては

 

今の僕に必要なのは、鷹揚な気持ちでいられるしなやかなタフさだ

 

悠然といられる立ち姿だ

 

無理に胸張って吠えたてる必要はない

 

じっと耐えに耐えてかがんで我慢する必要もない

 

少し背中を丸めてもいいから、自然と立っていられるような感じでいい

 

あくまでも僕にとって自然な姿で立つことが重要なんだ

 

渦中

まとまりのないことをだらだらとソファーで寝ころびながら考えて、一日が過ぎる。

 

後になって外に出れば良かったと思うんだけど、寝込んでいる時は外にでるだけでも相当のエネルギーが必要なんだよね。

 

ストレスが溜まるとそれを発散させようとするのか、あるいは頭の中を必死で整理しようとするのか、寝ころびながらぐるぐる考える方を身体が選んでしまうみたいだ。

 

でもそれをして良くなったためしがない。

 

かといって、外に出る気力もない。

 

とりあえず、無心になろうと思って、洗濯物たたんでみた。

 

そしたら気持ち楽になった。

 

無心になるという行為が僕にとっては必要なのかもしれない。

 

僕は何でも物事をぐるぐる悩んで解決しようとする癖がある。

 

しかもそれで解決できた例は少ない。

 

多分一種の麻薬みたいなものなんだろう。

 

僕の脳にとってはやっかいな状況になっている時はぐるぐる悩むことが好きみたいだ。

 

でもタバコやお酒と同じで、悩みすぎると体に悪い。

 

だから結局、悩みのループに陥る。

 

とりあえず、まだ昼の3時だ。

 

いつもだったら夕方コースでソファーでくたばっていたところだけど、上出来だ。

 

悩みループに陥らないように、心を落ち着けられる時間をつくろう.

 

良い景色眺めながらのんびり旅したいな

忙しくなるとふらふらしたくなる

 

もともと予定を立てて行動するのが苦手だから、仕事で今後の予定をびっちり決められると頭がぐるぐるする

 

自分は仕事向いてないのかな

 

そんな風に思ってしまう

 

単に慣れていないだけかもしれない

 

辛い状況から逃げ出したいだけかもしれない

 

それでも自分の気持ちは嘘をつかない

 

素直に今の自分の気持ちを認めてあげて、それからどうすればいいか考えよう

こうして自分の気持ちを書ける場所があるだけでもありがたいことだ

 

はあ~

 

良い景色眺めながらのんびり旅したいな

何気なく撮ったものが一番良い

f:id:great1-1geist:20171107145726j:plain

 

何気なく撮ったものが一番良い

そんなことがよくある

自然体になって自分の感性に一番正直だからかもしれない