いつの間にか今日は良い一日になっていた

パっとしない一日でも

 

さえない一日でも

 

夜の静かなコンビニで

 

常連のお客さんと店員が笑顔で話している

 

「今日はコロッケでもどうですか」

 

「おっ、いいね」「じゃ、それも一つ」

 

そんな会話が僕の気持ちを和ませる

 

僕はカフェオレを買って寒い外にでると、オリオン座が南の空に昇ろうとしていた

 

シリウスはひときわ輝いていた

 

星を見て僕の気持ちはまた和む

 

車に入って音楽をかけながらカフェオレを一口飲む

 

いつの間にか今日は良い一日になっていた