ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

とあるワイドショーを見てうんざりした

本題をすぐご覧になりたい方は===========まで飛ばしてくださいね。

 

おはようございます。今日はこちらの天気はいいですが、みなさんのところはどうでしょうか。この季節の朝はだいぶ寒くなり、布団から起きるのもしんどいですが、空気が澄んでいるので、寒い朝でも好きです。特に朝から予定ない日でも、こうして朝日を浴びるだけで気分が良くなるので、僕はなるべく8時ぐらいまでには起きるようにしています。僕は夜勤がある仕事なので、日光を浴びるのは体内時計を整える上でもかなりいいのかもしれません。

 

さて、今日のエントリはちょっと批判めいたものになってしまっています(いつも批判めいたエントリが多いかもしれない)。何に対しても批判的にならないように、できる限り穏やかな姿勢でいたいと思うのですが、僕は中々できないようです。表面では穏やかそうと人に良く言われるのですが、実は結構、熱くなりやすいところがあり、物事に対して自分の考えをワッと吐き出したくなるところがあります。場合によってはその行為が人を不快にしてしまうので、気を付けなければいけないと思いつつ、中々うまくいかない日々を送っています。想像力を持てば、人に対して思いやりを持つことができるかと思うのですが、相手のことを考えず、自分の考えばかりを言ってしまいます。このまま歳をとると頑固なおじいさんにもなってしまいそうなので、気を付けないといけませんね。

 

そんなことを言いながら、敢えて批判的なエントリを投稿します。自分の中にあるモヤモヤとした気持ちをハッキリ表現しないと、すごく身体に悪い感じがしますし、モヤモヤを吐き出さないと、また別の場所で人に対して不快な気持ちにさせてしまいます。このブログではできる限り自分の本音を書きたいと思いますので、不快でなければお付き合いして頂ければと思います。

 

=====================================

本題

 

ようやく本題ですが、昨日の朝、久しぶりに朝のワイドショーを見ました。普段なかなかテレビを見ないのですが、たまたま職場にあるテレビが、ワイドショーをやっていたので、なんとなく見ていました。僕が見ていた時の内容は、道にある側溝から女性のスカートの中を覗き見していた、28歳の男性会社員が逮捕されたというものでした。逮捕された男性は、夏の暑い時期に午前3時から5時間も狭い側溝の中で寝そべり、覗きをしていたそうです。このことから覗きに対してかなり執着があることがわかります。以前から覗き見をする性癖があるそうで、25歳の時も同じ容疑で逮捕されていました。男性は容疑を認めており、男性は「生まれ変わったら道になりたかった」と供述しているそうです。男性が住む近所の方にインタビューすると、普段の男性の素行は

「まじめ」

「人当たりが良い」

重たい荷物を持ってる時は「おばちゃん、荷物重いでしょ、持ってあげるよ」

など、事件に関与するとは考えにくいと近所からの評判でした。

 

ざっくり言うとこんな事件ですが、それに対し、アナウンサーやコメンテーターがコメントしてたのですが、そのコメント内容に僕はうんざりしました。

「全く馬鹿げている」

「呆れた」

「理解ができない」

 

被害に遭われた女性を考えると、こういうコメントが出るのは当然です。しかし、みんな口をそろえてこんなコメントばかりです。この番組がこういうコメントをするように製作されているのかもしれませんが、こんなコメントは小学生でも思いつくコメントだと僕は思いました。もう、男性の近所の評判のことは忘れ、とにかく男性の罪に対して、ひたすら罵倒する内容でした。

 

いくら視聴者を喜ばすことが趣旨のワイドショーとは言え、これはどうかと思いました。しかもたちの悪いことに、そのワイドショーはさも真面目そうな雰囲気を出して、自分たちは正当なことを言っている、正義の味方を演出しているように感じるのです。まだ、バラエティーの雰囲気を全面に出すならいいですが、こんな真面目な演出をして、このようなコメントを出せば、視聴者も同じように考え、逮捕された男性を同じように罵倒する人が増えてしまうと思います。それによって、何が問題かというと、事件の原因を考えることをしなくなり、ただ、事件の結果だけを見て罵倒して、自分の立場の正当性を主張するだけの人が増えるということです。こんなことをしてはいつまでも社会は良くならないと思います。日本が今、経済、教育、福祉など、様々な問題を多く抱え、改善していない状況はこうしたことが背景にある気がします。

 

この逮捕された男性の行為が正しいとは思いません。しかし、なぜこのような犯罪に手を染めてしまったのか、この原因を知ることが大事なのではないのでしょうか。だからこそ様々な角度から物事を見ることができるコメンテーターがいるのではないでしょうか。コメンテーターがいるのにその番組ではみんな同じ意見で、挙句の果てに、事件の状況を伝えるために、番組でご丁寧に側溝の模型を用意して、覗きが行われていた当時の状況を再現していました。一体この番組は何を伝えたかったのでしょうか。女性はスカートを履かない方がいい、側溝はコンクリートで埋めろ、そんなことを伝えたかったのでしょうか。

 

逮捕された男性は、職場などで、悩みを抱えていたのか?幼少期の頃に深い傷を負っていたのか?ストレスを発散できる場所があったのか?この事件はあくまで結果であり、事件を起こす背景には社会の歪みがあったからではないのでしょうか。男性を罵倒しただけでは何の解決にもならないでしょう。恐らくこの社会の歪みがなくならない限り、同じような事件はこれからも起きると思います。

 

人間は単純ではありません。普段真面目な人でも時には羽目を外したがる時だってあります。この男性のことに関して僕は詳しく知りませんが、恐らく、ストレスを発散したり、性欲をうまく処理しきる方法を知らなかったのだと思います。真面目がゆえに。うまく発散や処理しきれなかった分、溜まったものが一気に出てしまったのではないでしょうか。

 

思い返すと、僕自身も心当たりがあります。僕は中学の時はいわゆる真面目であり、ガリ勉タイプでした。学校の規則はしっかり守り、いい子で中学を卒業し、地元の進学校に進学しました。しかし、周囲から真面目と言われることが嫌でもありました。真面目ってなんか暗いイメージで、女の子からもモテないですしね。だから、高校の時、こっそりパチンコに行ったりしました。幼稚なことかもしれませんが、当時の自分にとっては、真面目な自分もこんなことができるぞ、そんな風に自己表現をしたかったのだと思います。もしかしたら逮捕された男性も、普段周囲から見られている自分のイメージを壊すために自己表現をしたかったのかもしれません。