湯船に浸かる、早起きの効果は絶大かもしれない

ここんところ体調が良く感じる。

2、3週間ほど前からシャワーではなく湯船に浸かるようにした。

休みの日でも朝寝坊せず、普段と変わらない時間に起きるようにした。
普段仕事がある起床時間は6時15分で、休みの日でも6時45分には起きるようにしている。

 

それを続けると明らかに眠りの質が向上した。
寝る前の身体の温まりが違う。
以前は寝る前は足が冷えていた。
今は、足が暖かい。
全身から熱を出してくれている感覚がある。

ためしに近くのショッピングセンターにある、健康計測器で計ってみた。

 

f:id:great1-1geist:20171020094016j:plain
f:id:great1-1geist:20160304185253j:plain

『測定王2』という計測器で心拍間変動(HRV)を計測し、自律神経のバランスも解るとのこと。

 

1年半ぐらい前もやったがその時は元気度が下から2番目のE判定だった。

今回はC判定になっていた。

 

体調は日々変わるものだし、今回はたまたま良かっただけかもしれない。
でも体感的に入浴、睡眠方法を変えただけで、明らかに身体が軽くなっている感覚がある。
自律神経が整っている感覚がある。

 

動くときには動いて、休むときには休む。
この切り替えが出来ていないんだろうな。

結局のところ規則正しい生活をすることが自分の身体に合ってる気がする。湯船に浸かる、早起きの効果は絶大かもしれない。