習慣化する効用について(習慣化できたもの、習慣化できなかったもの)

 前回の記事では習慣化しようとしているものについて書いた。

great1-1geist.hatenablog.com

今回の記事では、その後習慣化できているもの、できなかったものについて書く。

 

◆ラジオ体操

今もほぼ毎朝継続できている。

ラジオ体操の効果は絶大で、たった3分間という時間にもかかわらず、気分を一気に活動モードに移行させてくれる。

一年前に右肩を打撲したが、ラジオ体操を始めてからかなり回復した。

3分というカップラーメンを待つ時間で、これだけの効果があるので継続する気になる。

 

◆起床時間の規則化

出来たり、出来なかったり。

どうしても気分が憂鬱の時は朝寝坊したくなる。

だらだらと寝てしまう時もあるが、寝すぎないように意識はしている。

1日を布団で過ごしたという日はまだないので、それなりに効果はでているのかもしれない。

 

◆日記の習慣

これはまったくできてない。

いつのまにか書かなくなってしまった。

ダラダラと書くこともできないし、かといって推敲する気にもならない。

日記は、僕にとって中途半端なツールなのかもしれない。

 

 習慣化できたもの

中には残念ながらできなかったものもあるが

ぼちぼちやっていこう