渦中

まとまりのないことをだらだらとソファーで寝ころびながら考えて、一日が過ぎる。

 

後になって外に出れば良かったと思うんだけど、寝込んでいる時は外にでるだけでも相当のエネルギーが必要なんだよね。

 

ストレスが溜まるとそれを発散させようとするのか、あるいは頭の中を必死で整理しようとするのか、寝ころびながらぐるぐる考える方を身体が選んでしまうみたいだ。

 

でもそれをして良くなったためしがない。

 

かといって、外に出る気力もない。

 

とりあえず、無心になろうと思って、洗濯物たたんでみた。

 

そしたら気持ち楽になった。

 

無心になるという行為が僕にとっては必要なのかもしれない。

 

僕は何でも物事をぐるぐる悩んで解決しようとする癖がある。

 

しかもそれで解決できた例は少ない。

 

多分一種の麻薬みたいなものなんだろう。

 

僕の脳にとってはやっかいな状況になっている時はぐるぐる悩むことが好きみたいだ。

 

でもタバコやお酒と同じで、悩みすぎると体に悪い。

 

だから結局、悩みのループに陥る。

 

とりあえず、まだ昼の3時だ。

 

いつもだったら夕方コースでソファーでくたばっていたところだけど、上出来だ。

 

悩みループに陥らないように、心を落ち着けられる時間をつくろう.