「私がブログを書きたくなるとき」

僕がブログ時はどんな時だろう

 

嬉しくて気持ちが溢れる時

 

辛い気持ちに押しつぶされそうな時

 

気ままにつらつらと書くとき

 

書きたくなる時はさまざま

 

でも一つだけ確かなことは

 

自分のお腹の中から文字にして飛び出しがっている衝動だ

 

ここには留まってはいられない

 

外に向けて飛び出したがっている

 

僕はそれを手助けすることで救われている

 

書くことは自分を救うこと

 

大人になるとどんどん自分の気持ちが複雑になって

 

思いっきり運動しても

 

思いっきり叫んでも

 

気持ちが満たされないことがある

 

だから僕はブログを書いて満たそうとする

 

完全な形ではないかもしれない

 

すごくすごくいびつな形かもしれない

 

それでも僕は書き続けたい

 

 

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」