自転車で碓氷峠に行った

久々に自転車で遠出をしてみた。
途中まで自転車を専用の袋に包んで、現地まで電車でいった(輪行と言う)。
自宅の埼玉から群馬県の横川駅まで輪行した。
車内は平日の朝と言うこともあり通勤、通学の乗客で結構混んでた。

電車に揺られること2時間弱で到着。
本とか読んでいると、案外早く着いたという感じ。
8時前に現地に着いたので、夕方まで時間はある。

f:id:great1-1geist:20170920072814j:plain

横川駅と言ったら釜飯
買わなかったけどね。

サクサクっとチャリを組み立てて出発

碓氷峠までのメインロード国道18号

f:id:great1-1geist:20170920074559j:plain


今回はめがね橋を見たいので、バイパスではなく旧道を使う。

 

御サルさんも出るぐらいひっそりとしている。

f:id:great1-1geist:20170920075826j:plain


クマはでませんように・・・

緩い勾配をのんびりキコキコこぐと、めがね橋発見

f:id:great1-1geist:20170920081032j:plain

 

写真で見ると伝わりづらいけど、かなり大きく、目の前に橋が迫ってくる感覚だ。
レンガの重厚感、風化の感じが歴史を感じさせる。

橋でいうと、個人的には岩国の錦帯橋よりこっちの方が好みだ。

歴史的には錦帯橋が古いんだけどね。
このレンガの圧倒的な重厚感、険しい山間にある感じが現代から過去に自分を連れていってくれる雰囲気を醸し出している。
歴史に想いを馳せるとはこういうことを言うんだろうなぁ。
風景を見て考えるんじゃなくて、感じる

 

案内板すらも歴史を感じさせる。

f:id:great1-1geist:20170920081221j:plain


高崎鉄道管理局
管理局っていう響きが、国有感たっぷりで、良くも悪くもそそられるものを感じる。

クマに襲われたくないなぁ
鈴持っておいた方がいいのかな

再び出発
ひたすら緩い勾配の坂がつらつら続く。
勾配でいうならいろは坂の方がきついかな。

たんたんとこいで、無事到着。

f:id:great1-1geist:20170920091010j:plain


結構カーブがあった。


軽井沢~佐久の下り坂から見る景色。

f:id:great1-1geist:20170920103908j:plain

 

ここの景色に出会うのは2度目だけど、何度来てもいい。
やっぱり信州の景色は関東とは違う
広大、雄大という言葉がしっくりくる。

 

佐久から再び群馬方面に引き返す。
帰りは下仁田がゴールになる。

国道254号の景色は特に印象はない感じだ。
でも荒船山は独特の形をしていて中々良い。

f:id:great1-1geist:20170920132704j:plain

 

無事に下仁田駅到着。

 

f:id:great1-1geist:20170920155017j:plain

こういうのぼりって首都圏じゃ許されない気がする。
ちょっとゆるい感じが良い。
健康に気を付けましょう、人に迷惑をかけないようにしましょう。
もちろんそういうのは大事だけど、あまりにも強すぎると疲れる気がする。
だからこういうのぼりを見るとちょっと肩の力が抜ける。

そんなこんなで本日の工程終了。

今日は良く眠れたみたいなので、身体の調子がすこぶる良かった。
やっぱり睡眠は大事。
また後日に睡眠について書きたいと思う。