ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

僕にとってのブログの目的をもう一度考えてみた

今更ながらブログの目的について考えてみた。

当初のブログの目的は自分の思考をアウトプットすることだった。

僕は頭の中でグルグル考えて何も解決しないことがほとんであり、むしろ解決するどころか、体調が悪くなる一方だったので、その解決策の一つとしてブログをやってみることにした。

今でもそれは変わらない。

でもその他にも目的があった。

稼げるブログ

人のためになるブログ

いいね!をしてもらうブログ

 

しかし、かれこれブログを始めて2年近くなるが、結局のところ自分の思考をアウトプットすることと、少しでも人のためになるなるような記事を書きたいと思うようになってきた。

人のためとか書くと綺麗ごとにも聞こえるが、やっぱり人のためにならないことを書き続けても、結局虚しくなる自分がいることに気づいた。

突き詰めれば人のため=いいね!をしてもらいたい

ということになるかもしれないけど、

いいね!をしてもらうために周囲に迎合したり、媚びを売る文章もストレスになる。

以前はおもしろく、わかりやすい文章も心がけたが、それは他人が書いた文章のようであり、かなりのストレスになっていた。

 

自分の思考をアウトプットしつつも、少しでも人のためになるブログ

 

今の自分はそんなブログを目指しているんだと思う。

出来る限り、自分の考えを正確に把握し、自分の気持ち正直な形で文字にする。

だけど、それには人によっては不快を与える文章になる。

中には過激な文章を書いてそれをビジネスにしている人もいる。

別にそれが絶対悪とは思わない。

その人の個性だし、自分に正直に行動しているだけかもしれない。

正直に生きるということは人を傷つけ、不快にさせるということでもある。

僕は自分の心がそこまで強くないし、自分をそこまでに追い込むことはできない。

出来る限り相手に悲しい思いをさせたくない。

だから自分の正直な気持ちは知りつつも、できる限り柔らかい文章を書きたい。

自分の気持ちを率直かつ、柔らかく伝えるならきっと、詩や小説などの表現が一番いいんだと思う。

正直すぎる文章は角が立つ

かといって柔らかすぎたら真意が伝わらない

そういう意味で詩や小説はその絶妙な場所に文章を落ち着けることが出来る。

でも残念ながら僕はそういう技術は持ち合わせていない。

だからブログを書くということは常に自分の本心との距離の葛藤がある。

でも書き続けることによってある程度その距離は縮められるということが可能なはずだ。

少なくともブログを始めた当初よりは僕は自分の気持ちを正確に表現できるようになっている実感があるし、文章も自分なりのスタイルが出来つつある。

 

繰り返して言うが、綺麗ごとかもしれないけど、

自分の思考をアウトプットしつつも、少しでも人のためになるブログ

そんなブログを今は目指している。