ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

便利になると人の心に不便をもたらす。

昔よりも今の方が便利だけど窮屈になってるのかなぁよくと思う。

インターネット、スマホの普及によって

いつでも、どこでも簡単に友達と連絡できるし、情報も簡単に手に入れら

れる。

しかもSNSの普及により誰もが情報を発信できるようになった。

このおかげで僕もブログを立ち上げてツイッターにアップできるし、

みんながそれぞれの発信した情報を共有できる。

こうやって書くといいこと尽くしのような感じもするけど、

世の中うまくできていて、悪いこともちょこちょこでてくる。

 

いつもでも、どこでも簡単に連絡できるということは、裏を返せば、自分の都合関係なく、相手の都合でいつでもどこもで連絡がくるということだ。

そろそろ寝ようかなぁと思う時にラインがくる。

バイブがなってスマホの画面を見ると、返信は明日でいいやと思って

既読にせず、そのまま寝る。

でもこの既読機能があるおかげで、なんか相手に罪悪感を感じてしまう。

本当は単にラインを開いてないだけで、画面を確認してるから未読を装ってることになりる。

そういう自分が少し嫌になる。

まぁこれがまだ友達ならいいけど、職場の上司とかだったらかなりストレスになるだろう。

次の日に「すいません、昨日は寝てたんですぐに返せませんでした。」

という嘘の言い訳を伝えなくてはならない。

これは結構な労力が必要だ。

 

SNSも中々やっかいだ。

あれってポジティブなことを書くのが礼儀みたいになってる。

だから画面を開くとたいていキラキラしてる記事が多い。

自分が究極に落ち込んでいる時にみると毒以外の何物でもないと感じる。

「あ~、俺何やってるんだろ。」

「みんな楽しそうにしてる中、俺は仕事で疲れて休日でも布団の中だよ」

とまぁこんな感じだ。

まるでSNSを見るとネガティブ=悪のようなイメージを自然と植えつけられる。

 

僕はそういうのがもう嫌になって、SNSに関してはほとんどやらなくなった。

他人に共有を求めなくても大丈夫なようにやっていこうとした。

まぁこうやってほそぼそとブログをやるのが調度良いと感じだ。

 

ネット社会になって便利な反面、常に監視されている感じもするし、SNSとか見るとポジティブなものに偏ってる。

昔はそんなものは一切なかったから不便だけど、ラインの返信のことで悩まなくていいし、SNS見て落ち込むこともなければ、偏った価値観を植えつけられることもない。

しかも不便が当たり前ということは人の懐も大きかったと思う。

今やネット注文で指定日配達や美容室の予約、ナビを設定すれば迷わずいける。

要は思い通りになることが当たり前だ。

それが昔は一切なかったわけだから、思い通りにならなくて当たり前。

きっと昔の人は「まっ世の中こんなもんでしょ」

というのが普通だった。

でも今はちがう。

ちょっとでも道に迷ったらイライラするだろうし、美容室の予約を取ったのに、指定の時間になっても呼ばれなかったらもう待てない。

現に僕の担当してる美容師さんが、昔に比べてそういうお客さんが増えてると言っていた。

 

とまぁこんな感じで人の心もせかせかして窮屈になりやすい環境になってる気がする。

便利なものはどこか人の心に不便をもたらす。

そういうことを少し頭に入れて生活するのも大事だなあと思う。