その日の体調、気分によって気分転換の方法を変えてみる

相変わらず調子が悪い日が続いている。

食べ物に気を付けてるお陰か、下痢もして割と弱ってたけど、今はお腹に関しては小康状態だ。

でも気分が優れなくて休みの日はぼーっとしてることが多い。

今日は休日だけど、何をしたいかよくわからず、午前中はうだうだしていた。

とりあえず布団から出たい気持ちはあって、起きたものの、ぼーっと音楽聞いたり、本読んだりしながら過ごしていた。

 

家にいても特に気分的に良くならなそうだったので、思い切って外に出ることにした。

近くの喫茶店でも行こうかと思ったが、あいにく席が混んでてゆっくり出来そうもなかった。

頭も痛くなってきて、もうこのまま帰ろうかと思ったが、帰っても良くならないような気がしたので、結局新宿まで行くことにした。

 

新宿に着いたら、よく行く喫茶店に入り、一息つくとようやくほんの少しではあるけど、気分が良くなってきた。

 

気分が優れない時はぼーっとしたり、横になったり、散歩に出たりするが、劇的に良くなることはない。ほんの少しだけ気分が落ち着く程度。

でもこれだけでも昔に比べたらかなり改善された。

昔はそんな自分に自己嫌悪し、ますます悪化させ、布団からほぼ出られない日を何日も過ごした。

今はそうなることがない。

この自己嫌悪をしないだけでもかなりの効果がある。

 

憂鬱な気分で休日を過ごすときに心がけてることは、自己嫌悪に陥らず、ただただ自分を冷静に俯瞰する。

今の自分の状態を可能な限り受け入れ、嵐が過ぎ去るようにただ待つ。

そして何か気分転換の方法が見つかりそうなときはそれを実行してみる。

 

今の僕にとって、何かの気分転換とは喫茶店に入って、ぼーっとすることだったり、こうやってブログを更新することだ。

自分の場合、気分転換をする際、下手に方法を絞り込まない方がいい気がする。

体調が割といい時は運動もいいが、あまりよくない時に無理して運動しても逆効果だ。

昔、とにかく休日は身体を動かすように意識してやったが、結局疲れてしまい、また布団にこもる生活を送ったことがある。

 

自分の体調や気分を見極めるのは難しいが、ふっと力を抜いたときに思いつくことをやるといいかもしれない。