充実感だけでなく、生きがいを求めている

時々どうしようもないぐらいの脱力感、だるさ、虚無感みたいなものを感じることがある

 

何をするにも億劫になる

 

理由はわからない

 

ただその時は本当に何もやる気がしなくて

メールの返信ですらできなくなる

 

考えることが億劫になる

 

だから僕はその時は無理せず寝たり、ダラダラ過ごすことにする

 

億劫な時に自分が一番やりたいことは寝たり、ダラダラすることだと

最近自覚したからだ

 

そうすると不思議とまた気力が充実してきて、何かとやる気になる

 

でもなぜ億劫になるのか

 

ハッキリとした原因はわからない

 

ただ深層心理として考えられるのは

自分の生活に何かハッキリとした充実感を得られるものを

獲得していないからだと思う

 

今の自分は自分の生活環境(金銭面、時間など)を整えるのが必死で、

それ以上のことが出来ていない

 

そんな自分に苛立っているのかもしれない

 

そして問題なのは何が自分にとってハッキリとした充実感を得られるか

わかっていないことだ

 

充実感と言っているが、普段まったく充実感を感じていないわけではない

 

趣味、家族や友人との時間

 

そういう時間には僕にだって充実感が伴っている

 

ただ、それは僕の考えている充実感とは違う感覚なのだ

 

僕が求めているのは充実感ではなく生きがいなんだ

 

そう、自分は生きがいを求めていることに気づいた

 

生きがい

 

自分の何かを賭けて、全身でぶつかって、何かを生み出す

 

そういうものを求めているかもしれない