読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽろっぽの日記

-想いを言葉と写真で-

世界と自分を結び付ける儀式 指頭確認喚呼

さいたま新都心駅を通過するとき、いつも心が落ち着く

 

前は線路と信号機とがあり、横にはスーパーアリーナと高層ビルの夜景だ

 

貨物列車を運転しながらの夜景を楽しめるのは僕ぐらいだろう

 

自分が1300トンもの荷物を牽引しているのは何とも言えない

 

この鉄の塊ともいえる列車の主としての緊張感、優越感を感じるとともに、

この駅を通過するときの安らぎは言葉では表現できない

 

「さいたま新都心通過、浦和まで注意事項なし」

 

時刻表で指頭確認喚呼するのは一つの儀式だ

 

単に会社の規程で決められているからやっているのではない

 

これは自分にとって大切な儀式だからやるのだ

 

自分が今のこの場所で、この空間で、この状況を、そして世界の存在を確認するために行っているのだ

 

僕にとってこれが世界と自分を結び付ける神楽である