沖縄の雰囲気に浸る 沖縄上陸 2日目

こんばんは、ぽろっぽです。

 

今日は国際通りに行ったり、アラハビーチに行ったりしました。

 

どちらも良いところでしたが、何よりも沖縄の気候に安らぎを感じました。

 

関東ではまだコートがいりますが、今日の那覇は25度ぐらいまで気温が上がり、天気も良かったので、半袖一枚で行動できました。

 

とても過ごしやすい気分なので自然と気分も晴れやかになります。

 

国際通り周辺も散策しましたが、平和通り、市場中央通りは奥に行けば行くほど、より現地の雰囲気を感じ取れるような気がしました。

昭和の時代、東南アジア、そんな雰囲気が感じ取れる場所です。

 

昔の日本がそのまま残っているとでも言った方がいいのかもしれません。

 

特に統一感がない景観がそうゆう雰囲気を醸し出しているのかもしれません。

 

僕は東京駅の丸の内みたいな統一感のあるスタイリッシュな雰囲気も好きです。

しかし、よくよく考えると統一感があるということは多様性を認めないとも言えるかもしれません。

 

逆にごちゃごちゃした統一感のないような場所はなんでも受け入れる余地があるように感じられます。

 

沖縄のこうした統一感のない景観は日本人の本来持っている多様性を示しているのかもしれません。

 

特に観光地めぐりしなくても、気候、街の雰囲気だけでも十分に沖縄は楽しめると改めて感じています。

 

アラハビーチからの夕日

f:id:great1-1geist:20160307184554j:plain

 

市場中央通り界隈から

f:id:great1-1geist:20160307135351j:plain