ぽろっぽの日記

-想いを言葉と写真で-

心の影の出し方

普段の溜まっている影を出そうとした

でも影を出そうとすると不思議にまた別の影が出てくる

その影は何なのか

良心の影かもしれない

僕は影の出し方を知らないのかもしれない

影を正確に出すにはどうしたらいいのだろうか

 

そもそも影を出すこと自体間違っている

いや影を作り出してしまう普段の行為が間違っているのか

 

影の正体とは普段叶えることのできない願望

いや影をそのまま残すべきなんだ

 

影を言葉にできる方法を見つけるべきか

あるいは影を身体を使って表現するべきか

 

そう、こうやって実際に紙に書く

頭と手を動かす

このようにすれば僕の影は言葉によって具現化することが出来る

 

あー、こうやって言葉に出すだけで僕は救われる気がする

うまくいくかわからないけど、パソコンのキーボードで打つのではなく、

まったく自由に書くだけで、人目を気にすることなく、書くだけでいいんだ