ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

ブログを書いて、イライラするとき、スッキリするとき

おはようございます。今日は全国的に雪みたいですね。仕事に行くのも一苦労ですが、まぁ雪景色を見ながらいいかと思いながら出勤したいと思います。

 

ブログを始めて数か月経ちましたが、自分の文章力のなさに絶望する日々が続いています。それでも次はもっと良い文章を書けるかもしれないという期待を持ちつつ更新しています。

 

ブログをやっているうちに気づいたいことなんですが、書き終わった後になんとも言えない疲労感やイライラした気分がしてしまう時と、運動した後のような爽快感、スッキリする時があります。この二つの気分の違いは何からくるのだろうと考えました。

 

自分の想いや考えを正確に伝えることができたのか

 

これができたか、できなかったかで、気分の違いがくることがわかりました。文章の出来、不出来というよりも自分の本心を正確に把握し、正確に表現できたのか。これがブログをするうえで僕が無意識に心掛けていることでした。

 

読みやすい文章、おもしろい文章、人に興味を持たれる文章、つまり自分以外の他者にとって良い文章を書こうと意識すると、たまに自分の想いや考えと乖離した文章が出来上がってしまうことがあります。またある時は、自分の考えがうまくまとまらず、とりあえず書いて、内容がない文章になってしまうことがあります。

 

そうした文章に自分は疲労感、イライラを感じることがわかりました。色々な方のブログを見ると、面白く、読みやすい記事がたくさんあります。自分でも気づかないうちに、それらのブログを意識して、ついつい他人受けしやすい文章を書こうとしてしまうことがあります。しかし、それは長い目で見ると自分にとって良くない。僕のブログの目的の一つとして、自分の想いや考えを正確に知り、表現できることです。他人にとって読みやすい文章は大事ですが、目的を忘れてしまっては僕はブログをやる意味がありません。

 

資本主義社会で生活すると生きていくには、まずは他人にとって価値があるのか、そこから考えなければなりません。でも僕のブログはそうありたくはない。自分の思考を磨き、自分を表現する。僕にとってブログは大げさに表現するなら聖域であり、資本主義に対抗する唯一の場です。