ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

大人になってからの方が楽しい、環境を選べるという大人の特権

皆さんは大人になって良かったと思いますか?それとも子供のままの方が良かったと思いますか?

 

僕は大人になって良かったと断言できます。それは子供時代より大人になった現在の方が楽しいことが多くなったからです。なぜ、楽しいことが多くなったのか?自分なりに考えてみました・・・・。

 

結論は大人になってから自分の好きな環境を選べるようになったからです。子供の時は基本的に与えられた環境で生きていくしかないですよね。学校ではクラスが勝手に決められ、与えられたクラスで友人を作るしかありません。授業は決まった時間割通りに進められ、運動会や文化祭、合唱コンクールなどの行事は強制参加です。僕は別にクラスの問題児でもなく、ある程度クラスになじみ、行事も参加していましたが、どうもクラスのみんなで行事をやるという行為が苦手でした。またクラスによっては窮屈な思いをしたこともあります。つまり価値観が異なる集団との生活が苦手みたいです。

 

しかし、大学からはそんな窮屈な思いから解放され嬉しかったのを覚えています。好きな人と友達を作り、文化祭みたいな集団行動もない。サークルに入るのも入らないのも自由。自分の好きな通りに環境を作れることが出来ます。あー、これが大人の喜びなんだなぁと感じました。

 

自己責任の下に自分の環境を作っていく。これが大人の楽しみの一つだと思います。仕事だって選べます。嫌だったら辞めればいい。嫌いな人がいればその人とは無理して付き合わなければいい。もし自分の好きな行動をして自分の不利益な結果が出たらそれは、誰のせいでもなく自分のせい。勝手に与えられた環境で過ごす子供時代よりも理不尽ではなく、納得がいきます。

 

環境を選べるという大人の特権を最大限に生かして、僕は大人を楽しみたいと思います。