僕らの心は+1と-1に支配されている

誰かを好きになることは誰かを嫌いになるということ

好きな音楽があれば嫌いな音楽がある

楽しいことがあれば苦しいこともある

生きるということは死ぬこと

 

結局のところは心というものは表裏一体である

良いことの裏に悪いことがある。

つまり、+1と-1に僕らの心は支配されているということ。

要はゼロ、空っぽ、空

 

そんな風に思います。

ありのままに受け入れて、心が-1の時はゼロに近づける。

楽しいときも過度にのめりこめず、ゼロを意識する

そんな姿勢が大事なのかもしれないとなんとなく思いました。