読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽろっぽの日記

-想いを言葉と写真で-

休日でもひたすら布団の中で一日を終えてしまうあなたへ vol.2

皆さん、こんにちは。ぽろっぽです。このエントリをご覧の方で布団で過ごされている方もおられるかもしれませんが、自分を責めるのではなく、ゆっくりと休息に努めてくださいね。あなたの現在のやるべきことは何よりも身体を休めることなのですから。

 

先日のエントリ

これって鬱病?? 休日でもひたすら布団の中で一日を終えてしまうあなたへ - ぽろっぽの日記-今一度、人生について真剣に考えてみよう-

が思いのほかご覧になっている方がいたようでしたので、vol.2としてより詳しく書かせてもらうことにしました。エントリを読んでいただくことはとても嬉しいことですが、布団の中で苦しまれている方がいると思うと、いかにこの社会がストレス社会であるかを実感し、胸がつまる思いです。

 

さて、前回のエントリではとにかくまずは自分自身が納得した上で布団で休息をとることが大切であり、少し元気が出たら、散歩や趣味などして気を晴らす、など書かせていただきました。しかし、中には布団を出るだけで、精一杯で、またすぐに布団の中に戻られてしまう方もおられると思います。

 

布団から抜け出せそうだけど、でも外出する気分でもない

そんな時はどうすればよいか?

 

少し熱めのシャワーを浴びる

 

これをおすすめします。

運動前にする準備体操と同じように、布団からでていきなり外で身体を動かすというのは、場合によってはかなりの負担になります。ましてや布団で休日を過ごす方は、布団から抜け出すだけでも大仕事ですしね。

 

これはあくまで僕の経験ですが、布団から起きれたものの、どうも気分があまり良くないときは少し熱めのシャワーを浴びると気分がスッキリすることが多いです。血の循環がよくなる感じがします。寝すぎると血の循環が悪くなってしまっているのかもしれません。

 

シャワーを浴びて少し気分がよくなって、パジャマから部屋着や外出する服に着替えると、より一層、身体が活動モードになります。そんな風にシャワーから始めて、着替えや歯磨き、など身支度をやると身体が少しずつ起きていくのが実感できます。布団の中にいると、どうしても考え事をしてしまい、それがかえって、布団から抜け出す妨げになっている可能性もあります。シャワーや身支度をすると、身体を動かすために、考え事をしなくなり、布団から抜け出しやすい環境をつくってくれます。

 

ただ、この辺りの見極めは非常に難しいです。身体が精神的にもう本当にへとへとになっているときはシャワーを浴びても、身支度しても、布団に戻ろうとします。そんな時は素直に布団の中で過ごしましょう。

「あっ今日はイマイチな日だな」

「まぁこんな日あるさ、心ゆくまで寝よう」

そんな気持ちでいいと思います。実際に僕もそんな日がたくさんありました。

 

少し調子が良いなと思ったら、シャワーや身支度をする。これ中々有効ですよ。ぜひ試してください。