ぽろっぽの日記

-心に舞う蛍を追いかけて-

モヤモヤ

ワァッーと全力で身体が叫びたがっている

自分の中で何かを求めているでも何を求めているのかわからない生きること表現すること根源的な何かワァッーと全力で身体が叫びたがっているでも僕はその叫び方を知らないだからこうして書いたり、身体を動かすとにかく動き続けよう動けばいつか何かに巡り合…

難しいこと考えずに、ふと心に惹かれるものがあったらやってみよう

難しいこと考えずに、ふと心に惹かれるものがあったらやってみよう やってみると何かが見えてくる やらなきゃよかった やってよかった 次はこうしてみよう 行動に移すことによって次の行動が見えてくる 難しいことは考えなくていいんだ 難しいことは頭の良い…

具体的に行動してごらん、具体的な答えが出てくるから

具体的に動いてごらんそうすれば具体的に答えが出てくるから たしか相田みつをはこんなことを言ってた中々的を得ていると感じる。というのも、僕はその真逆の行動をしてよく失敗するからだ。 抽象的に考え抽象的な答えしか出てこないそこには明確な答えが出…

悪い夢を見ることも必要な夢ー無秩序の時間を大切にするー

頭の中が無秩序になる時間が大切なのではないか。 最近よくそのことについて考える。 秩序の反対の言葉は無秩序 よく自由の反対は秩序とも聞くような気がするが、まぁ言葉の議論は哲学者にまかせておいて、ここでは秩序の反対の意味は無秩序ということを定義…

ボーっと出来ない

今日も相変わらず体調がイマイチだ。 頭がボーっとして何もする気になれない。 日曜日なのでこんな時は家でのんびりしたいところだけど、今日に限って資格試験があり、今はとある大学のキャンパスにいる。 普段だったら試験時間の合間は勉強するなり、本を読…

仕事との向き合い方

仕事のモチベーションがどうしてもあがらない やる気が出ない 嫌でしょうがない そんな時どうすればいいのか。 僕はいつもこれらの悩みに苛まれ、 結局答えを見つけられずに何日も鬱屈した日々を過ごす。 自分なりに仕事を楽しめるように工夫してみたことも…

僕は過去の自分に縛られて、現在の自分を見失っていたんだ

僕は感動を大切にしたいんだ。 それがわかっていなかった。感動の前にこういうやり方でやらなければならない、こうあるべきだと自分を縛り付けていたんだ。 美しい風景を見たい 僕の求める感動はそこにあったはずだ だけど、趣味が自転車だから、自転車でい…

あはれ これしか僕の気持ちは伝えられない

職場からの帰路だった 左を向くと夕暮れのカーテンがあった 雲間から光が地表まで届き、僕はその景色に見とれた カーテンの奥には秩父連山 彼らはあくまで山であり、山であることを誇りに思っているように感じた 僕は彼らのその姿に素直に心を動かされた こ…

詩が挨拶をしてきた

詩が「こんにちは」と挨拶をしてきた 僕は驚いて、まごつきながら「こんにちは」と返事をした 詩の立ち姿は清廉であり、 凛としつつも底知れぬ憂鬱さを持っているにように感じた 詩は語り掛ける 僕は耳を傾ける 詩の言葉は聴いたことのない言語や音楽に聞こ…

とりあえず書いてみた

何かを書きたいと思って時は書くものがない 書くものが手に入った時は既に書く気力がない 困ったものですね

「生きる」ことの定義を変えるか、それとも環境を変えるか

生きるって何だろう こんな疑問は誰もが持ったことはあると思う。 日常の生活に疲れ、ふと心が緩んだ時に浮かび上がってくる。 僕にとって生きるっていうのは 寝て 食べて 排泄して 考えて 喜んだり 悲しんだり 怒ったり ところが日々の仕事に追われたりして…

その日の体調、気分によって気分転換の方法を変えてみる

相変わらず調子が悪い日が続いている。 食べ物に気を付けてるお陰か、下痢もして割と弱ってたけど、今はお腹に関しては小康状態だ。 でも気分が優れなくて休みの日はぼーっとしてることが多い。 今日は休日だけど、何をしたいかよくわからず、午前中はうだう…

なぜ僕は同じようなことを書き続けるのか

なぜ僕は同じようなことを書き続けるのか。 自分でもよくわからないけど、書くことはだいたい似通っている記事が多い。 自信がないからこと書くことによって自己暗示をかけている 考えていることがいつも同じだから書くことが同じになる 同じ事でも書き続け…

怖がらず裸の自分でいよう

相変わらず体調が悪い 腹の調子は回復しつつあるけど、倦怠感が中々とれない こんなときは無理せずのんびりするに限る 何もしない時間も大切 家でぼーっとするもよし 喫茶店でぼーっとするもよし 気が向いたときにやりたいことをやればいい 自分の時間は好き…

自己嫌悪に頼らなくていいんだよ

どうも先週の土曜日にお腹を壊してから調子が悪い 心身ともに疲れている感じだ 眠りも浅いし、動悸もしたりすることもある 自律神経が乱れているのか でも、不調なりにやっている 昔は不調の自分が嫌で自己嫌悪に陥ってたけど、 自己嫌悪ほど不毛なものはな…

心を落ち着けることで、自分の求めていることが浮かび上がってくる

自分が今、何を求めているかを知るにはどうしたらいいか。 まずは心を落ち着かせることが必要だと最近になってつくづく感じている。 心の休息と言ってもいいかもしれない。 先週土曜日あたりから体調を崩し、僕は焦っていた。 日曜日から3連休であり、せっか…

行き詰った週末の中で

おとといに下痢をして以来、胃腸、精神の状態が芳しくない。 週末になるとこのパターンが多い。 平日は頑張って仕事して、さぁ休みだという時にきまって腹を下す。 腹を下さなくても、休みになったとたん、気分が憂鬱になり、 あれだけ休日は何しようかと想…

毎日が自分との闘い

毎日が自分との闘い そう思うと力が湧いてくる

飲み会の帰り道で

大勢で飲んだあと、時々帰り道に虚しくなることがある 飲みの場ではいかに面白い話にするかが大事なことがある バラエティー番組のようなテンポが求められる 自分も場の空気を乱さないように取り繕う 人との繋がりを求めて取り繕う そしていつも決まって帰り…

やりたいことをやる-今年の目標-

毎年、今年の目標みたいなものを年明けに作るが、達成された試しがない それでもつい作ってしまう やりたいことをやる これが今年の目標だ いたってシンプルかつ漠然とした目標だ しかしこれには理由がある 目標とするべきものが見つからない これが最近の悩…

逃げずに向き合わなければいけない時期

久々に布団で悶々と考え引きこもっていた 今自分が何をやるべきか、やりたいか、相変わらずわからないでいる とりあえず自分の中でやりたくないものはやらないような環境には出来た そろそろ次のステップに行かなきゃいけないと感じている 何をやりたいか 何…

僕の気持ちを代弁してくれた

この風景を見たとき救われたような気持になった 僕の気持ちを代弁してくれたからだと思う

無理して言葉に出さなくていい

言葉に出さなくていい時もある 自分の整理つかない気持ちを、そのまま見た景色に委ねてもいいんじゃないか この写真を見てそう思った

夢中になることにあこがれながら避けている-トカトントン-

夢中になれない自分が嫌になっている でも夢中になることを避けている自分がいる 前も書いたが、夢中になることを避け臆病になっているだと思う。 なぜ臆病になったか 夢中になったことで傷ついたからだ トカトントン 太宰治の小説を思い出す 一所懸命になっ…

表現の核を見つけるために表現する

自分なりの表現を見つけたい そんな想いから僕は文章を書いている 自分の言いたことを言う 自分の考えを人に理解してもらうようにわかりやすく伝える それだけでは何かが足りないと感じる でも何が足りないのかわからない そもそも僕の言いたいことは何なの…

感動したあの時の気持ちに帰る

ただただ綺麗な景色、幻想的な景色を見たい いつまでもそんな景色と過ごしていたい 僕はそれを望んで自転車を始めたし、写真を撮るのに夢中になった 誰に言われることもなく、ふと自然に身体がそれを求めていた 先日北海道に旅行して、感動する景色を眺めて…

充実感だけでなく、生きがいを求めている

時々どうしようもないぐらいの脱力感、だるさ、虚無感みたいなものを感じることがある 何をするにも億劫になる 理由はわからない ただその時は本当に何もやる気がしなくて メールの返信ですらできなくなる 考えることが億劫になる だから僕はその時は無理せ…

自分を表現できないことでモヤモヤ

転職してから2か月ほど経った 職場には徐々に慣れてきた感じはある それでもなぜか心の中でモヤモヤしたものがある 今ここでもう一度自分の気持ちについて整理してみようと思う いや整理という言葉は適当ではないかもしれない 整理しようとするということは…

「これでいいんだ」とありのままの自分を認めてくれる場所

何か物事に行き詰ったとき、ふと外の景色を見ると心が落ち着くことはないだろうか 僕は行き詰った時や、心の中でモヤモヤしたときは意識的に散歩して外の景色を見るようにしている そうすると不思議と心が落ち着く 自然の景色に目を奪われるている言えばいい…

仕事で疲れて、休日は家でゆっくり過ごすあなたもリア充です

リア充というと仕事をバリバリこなして、休日もアクティブに屋外、家にいたとしても仕事や資格の勉強などをして過ごす そんなイメージがあるかもしれない しかし、僕から言わせてみれば 休日を家でゆっくり、ダラダラ過ごすこともリア充だ と言いたい そもそ…